2006年12月18日

キャロル

前日にも書いたけれども、今年は(も?)キャロルをするので、聖歌愛好会は出ずっぱり、らしいです。「お告げ」からナレーションもアリです。

キャロルでの歌は、アルカデルトの「Ave Maria」、「地にも空にも」、「Adeste, fideles」、「あめなる神には」の4曲。とても素敵な曲ばかりで、24日が待ち遠しくてたまらないです。ただ、「地にも空にも」は途中soliになるので、練習しないといけない・・・他の方におんぶに抱っこはダメ!ひとりで頑張る必要はまったくないけれど、中音域苦手なのでやばいなぁと考えています。「Adeste, fideles」は2番の歌詞が危うい。ラテン語難しいよ〜と思いつつ、こうして歌えるのはすごくすごく嬉しくて楽しくて幸せなことだとつくづく思います。

あと、御ミサでの憐れみの賛歌は天使ミサの「キリエ」だそうです。呼吸続くだろうか・・・たらーっ(汗)栄光の賛歌は私の大っっ好きな208番!!久しぶりで嬉しい♪♪本当は天使ミサの「グローリア」にしたかったという話もちらほら耳にはします・・・でも、208番はクリスマスを祝うに本当にふさわしく、明るくてほめうたう感じがしてすごく好きです。大変なのは神父さま。キリエの調と栄光の賛歌の調が違うので、音をとるのが大変かもしれない。

初めてのクリスマス、教会で過ごすクリスマス。とても楽しみです☆
posted by 和泉 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。