2008年02月10日

カトリック幟町教会

幟町教会.jpg四旬節第一主日です。
今年は早い四旬節ですね。ちょうど一年前に悩んでたんやなぁ…

広島です。旅行時はメンバーとの兼ね合いで教会行けたり行けなかったりですが、今回は朝いちばんの御ミサにあずかれました(*^o^*)感謝☆


荒野での悪魔の誘惑。しかし神さまに与えられた力を自分のためだけにお使いになることはなかった。

私はどうでしょうか。自分が与えられている力をどう使っているか?思い上がりやわがまま勝手な心、自分がよければいい…そんな自分の汚さがあるのは知っていても普段は無視してしまいます。つきつけられ直視するとき、恥ずかしくて情けなくて呆然としてしまいます。

欲が生じるとつけこまれやすくなり、罪を犯す。そのことを心にとどめ、自分の弱さや小ささに愕然としながらも、主の救いの御業に身を委ねたいと願います。聖パウロの言葉が響く四旬節です。
posted by 和泉 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

うずくまる

にっちもさっちもいかなくなったとき
怒りや悔しさで腹が立つとき
悲しさや寂しさで震えるとき
ぐちゃぐちゃな思いが頭の中を占めるとき
泣きたいとき、泣き疲れて眠るとき
私はうずくまる。
布団にも入る気にならないとき、
床に丸くうずくまって眠る。

そんなときに決まって思い浮かべるのは、御聖堂の床、御聖櫃の前、ランプ。
「フランダースの犬」のネロみたいな感じ。
おそばで眠りたいなぁーって泣きながら、まぁるくなる。
近づくことも畏れ多く感じ、絶望しそうなときほどその気持ちが強くなる。

不安な気持ちになった幼い子どもは、自分を立て直すために信頼できる人に抱きついて安心し、再び周りのいろいろな人や物事へと挑んでいくことが実際にあるけれど、私にとって神さまはそんな親。うずくまるときは、子どもが親に向かうように神さまに甘えたくなるのです。



…普段から甘えっぱなしとかいう突っ込みはなしで(^-^;
posted by 和泉 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カトリック高槻教会

暗くて画像がダメだった…(>_<;)

ご無沙汰しています。高槻に用事があって、教会に立ち寄っていこうと思い立ち、けっこういい時間にお邪魔しました。

時間が時間なので聖堂は開いてないだろうな〜と扉を引いたら開いててホッ(*'-'*)電気の場所も知らないし、暗いほうが落ち着くのでそのままお邪魔してました。
想像したより小さいというのが第一印象…暗くてよく分からなかったけど、丸っこくて温かい雰囲気の居心地いい場所でした。聖堂はどこの教会も温かくて居心地いいんですけど、所属教会が新しいめで爽やかさを感じるのに比べるとアットホームな感じ…建物の造りがそうなのかしら?

さて、数分後戸締まりにいらしたシスターを「まさか人がいるとは」と驚かせてしまいました。電気も付けてなかったですし、驚かせてすみません…
シスターにいろいろお話ししていただき、時間が時間で危ないということで、修道院のほうの小聖堂に案内してくださいました。ゆっくり時間を過ごさせてくださり、本当にシスターにはお世話になりました。
お話も、私はあまり多く語らなかったのですが、実は胸にぐさりときてました…(^-^;ありがとうございました。お会いできてとても嬉しかったです(*^-^*)やっぱりゆっくり聖堂で一人でお祈りする時間は要るなぁ。元気になりました!
機会があれば、いつか是非ミサにもあずかりたいな。


ちなみに。教会に行った後にも用事があったんですが、ものの見事に迷子になり、目的は果たせませんでした(笑)まぁいいや!
posted by 和泉 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

朝の御ミサ

先週名古屋に旅行しました。その際に、平日の朝の御ミサに2日間あずかりました。

毎朝御ミサにあずかるってものすごく贅沢な気がします。音楽がないし、朗読も一つだけだったのがすごく戸惑いましたが、朝、いろいろなことがあるだろう一日を御ミサで始められるのは心が落ち着いて嬉しいです。

帰ってきてからは、自宅から朝に御ミサをされてる修道院が遠くて仕事に遅れるので、やはり贅沢だったなぁとしみじみ思います。

次どこか住むときは考えの中に入れてみよう…
posted by 和泉 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

ちょっと遠征&告解

本当に長らくご無沙汰してました。仕事の忙しさやらなんやらを言い訳に、何ヶ月もサボっててすみませんm(_ _)m

さて〜、急にまた書く気になったのは、今ちょっと手が空いたからというのと、初めての告解をしたからです。

そんなわけで遠征記。長いです。↓↓

最近いろいろあり、教会行けない、っていうかこのまま拝領しちゃダメだ!という思いが強くありました。でも所属教会に行けるタイミングがどうしても来ない、行っても神父さま居ないしどーしたらいいんだと日々ウツウツ。
そこで!某県某所(笑)の教会に行こうと思い立ったのが3日前。当初昨日の予定が今日に(結果的に非常に良かった…一番大変なことは昨夜起きたから)。おぼろげな記憶とお導きを2:8くらいの割合で頼りにフラフラ。歩いてる間、十字架、十字架しか考えてなかったな(^-^;

小心なので初めは告解にビビり、とにかく聖堂でお祈りだけでもと扉を引きました。

開いてない…

開いてる扉はなく、司祭館に人が居たので声をかけてみました。快く応じてくださり、しかも通り雨に降られた私にタオルまで(/_;)恐縮の至りです。その時、もしかしたらと思って神父さまがいらっしゃるかきいてみたら、居た!というか、今来たトコだったそう。凄っっ…(@_@;)

で、告解。
なんか、告解というより人生・恋愛相談かカウンセリングになってましたけど、やはり良かった。で、この神父さまでよかった。

後でお茶まで…本当に、書ききれないほどお世話になりました。

***

赦されるというのはすごいです。「あなたはゆるされました」という言葉はなんと重く響くのか、心を軽くするのか…驚きです。回心は、言葉で具体的に自分の罪を他者に言い表すことでより深まるんだな、と。自覚があっても自分に閉じ込めたらなぁなぁにできちゃうけど、それが出来ない。本当にキリスト教は言葉の宗教。しかも目の前で聞いてるのは神さま、ごまかせるはずもなく。

まめに告解するのは状況的に難しいことも多いけど、魂の洗濯はこまめにする必要があると思います。汚さない努力と一緒に。
ほんっとに日ごろの祈りは大事ですね。しみじみ感じます。

告解いいですよ、告解。
posted by 和泉 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

復活徹夜祭

今日は洗礼式でした。
前日からすごく緊張していました。私の洗礼ということで母が初めて教会に来てくれたのですが、「緊張してたね…」と後からすごく言われました(笑)
大人4人、赤ちゃん1人の洗礼式、厳かに進んでいきました。赤ちゃんはもう眠っていたところに水をかけられたものだから、びっくりして泣きそうに(^_^;)
御ミサ後には神父さまをはじめ、たくさんの方々からお祝いの言葉と花や品々をいただき、恐縮しながらも大変嬉しく、こんなに祈ってくださってるのだと感謝でいっぱいになりました。神さまのお導きと皆さんの祈りに支えられてココまで来れたんだなぁ…ほんと、感無量です(*^_^*)

拝領時につい手を出すことが頭から抜け落ちてたり、相も変わらずボンヤリした性格ですが、洗礼を受けた実感としてはなんだか自分の中に一本大きな柱がどーんと立った感じだなぁと思ってます。ぐらぐらしていた自分の中にまっすぐどーんと。すごく安心感を持ってます。
これで求道者と呼ばれるのは終わり、先の長い信仰生活に入りましたが、常に神さまを心にとめ歩みを進めることは大きな意味で求道者と思っています。というわけで、まだまだヒヨッコ、たくさん求め、勉強していきます。
未熟な私ですが、今後ともよろしくお願いします(^-^)

さぁ、明日は復活祭。早速朗読です。初ベールです。ドキドキだ!
posted by 和泉 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

外海と遠藤周作文学館

外海 1.jpg外海という地区にある遠藤周作文学館にやってきました。遠藤周作が大好きな私は、行くことができて嬉しかったです。

が!!

折からの雨に風が加わり、吹き飛ばされそうで怖い!バス停から徒歩2分の間でどえらく消耗しました(+д+;)友達のカサが壊れてしまったり、私のカサは布地が強風でのびてしまったり…それでなくともバスで長崎市内から約1時間半、山道を揺られていたので、到着までにかなり疲れてしまいました…

中は遠藤周作の年譜と、その作品の紹介や遠藤氏の愛用品などを展示した、こじんまりまとめた感じの文学館でした。私は奥の碁の部屋(聴濤)が非常に気に入って、長いことぼんやりしてました。
この外海という場所は、彼の代表作「沈黙」のモデルとなった地域です。小さく静かな漁村と、荒天候を見比べて、昔の人たちの信仰や、作中場面なんかを思い浮かべてました。この文学館、なぜこんな不便なところに建てるのかと思ってましたが、行ってみて納得。この場所しか有り得ないと感じます。

途中、黒崎教会を見かけました。教会の隣には墓地もありました。この地に住む人々の信仰の経譜を感じる旅でした。
posted by 和泉 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

カトリック姫路教会

070301_1618~01.jpgちょっと姫路に用事があったので、姫路教会に立ち寄ってみました。世界遺産・姫路城のすぐそばにあります。写真手前は聖フランシスコ・ザベリオです。足元が切れてる…(>_<*)

姫路自体二回目で、阪神圏に住んでると言えどえらく遠くにきたなぁと感じました。前に姫路に来たときの記憶を頼りに、ふらふら歩いてたら無事辿りつけました。途中心細くなったのですが、シスターを拝見し、「こっちだ」と確信…お導きだわ♪ヽ(*゜∇゜)ノ

どんな場所でも、やはり教会に入るとほっとします。帰ってきたというか…どこへ行っても大好きな場所があるというのは嬉しいです('-'*)さて、入り口に聖母子像、花がきれいに生けて捧げられてました。御聖堂はステンドグラスが美しく、よく見ると十字架の道行きになってました。
都合により30分くらいしかいられなかったのが残念でしたが、敷地内に書院、喫茶店のある大きめで綺麗な教会でした♪
posted by 和泉 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

洗礼名

ずいぶんと放置していてすみません・・・
追いつめられているために1ヶ月以上も教会に通えないでいました。精神的に辛かったです・・・今週からやっと顔を覗かせる程度に浮上できそうです。灰の水曜日に久しぶりにごミサに与れて幸せでした。3月からは復帰できるかしら・・・

さて、そんなこんなで講座やらなんやら書くべきことたくさんあるのですが、いま緊急の課題といえば、「洗礼名が決まらない」ことです。明日が入門式、明後日が志願式だというのに!!我ながらぼんやりさ加減にびっくりします。ちなみに代母も決まっていません・・・(やる気あるのかとつっこまれそうです)
神父様は「う〜ん・・・当日までに決めてくださればけっこうですよ。申込書には後から書きますし。そりゃ早いほうがいいですけど」となんとも穏やかに仰るのですが、自分が落ち着かない〜!でもどうしたらいいか分からない・・・今のところお二方候補を挙げているのですが、さて、どちらにお願い致しましょうか。神さまー!!!
posted by 和泉 at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

あけまして

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

…もう14日も経ってからのご挨拶ですみません。
講座とか御ミサとか、書くべき、または書きたい記事がいっぱい溜ってますが、今たてこんでてちょっと余裕がありません(>_<)今月末ごろ浮上致しましたときに一気に更新致します。

すいません〜!!
posted by 和泉 at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。