2006年12月25日

主の降誕(日中)

主の降誕(日中)です。

第一朗読 イザヤの預言52・7−10
答唱詩編 詩編98
第二朗読 ヘブライ人への手紙1・1−6
福音朗読 ヨハネによる福音1・1−5、9−14
続きはこちら
posted by 和泉 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

主の降誕(夜半)

主の降誕(夜半)です。朝からは想像できない、えらい日でした(笑)

第一朗読 イザヤの預言9・1−3、5−6
答唱詩編 詩編96
第二朗読 使徒パウロのテトスへの手紙2・11−14
福音朗読 ルカによる福音2・1−14

続きを読む
posted by 和泉 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待降節第4主日

待降節第4主日(C年)です。

第一朗読 ミカの預言5・1−4a
答唱詩編 詩編80
第二朗読 ヘブライ人への手紙10・5−10
福音朗読 ルカによる福音1・39−45続きを読む
posted by 和泉 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

キャロル

前日にも書いたけれども、今年は(も?)キャロルをするので、聖歌愛好会は出ずっぱり、らしいです。「お告げ」からナレーションもアリです。

キャロルでの歌は、アルカデルトの「Ave Maria」、「地にも空にも」、「Adeste, fideles」、「あめなる神には」の4曲。とても素敵な曲ばかりで、24日が待ち遠しくてたまらないです。ただ、「地にも空にも」は途中soliになるので、練習しないといけない・・・他の方におんぶに抱っこはダメ!ひとりで頑張る必要はまったくないけれど、中音域苦手なのでやばいなぁと考えています。「Adeste, fideles」は2番の歌詞が危うい。ラテン語難しいよ〜と思いつつ、こうして歌えるのはすごくすごく嬉しくて楽しくて幸せなことだとつくづく思います。

あと、御ミサでの憐れみの賛歌は天使ミサの「キリエ」だそうです。呼吸続くだろうか・・・たらーっ(汗)栄光の賛歌は私の大っっ好きな208番!!久しぶりで嬉しい♪♪本当は天使ミサの「グローリア」にしたかったという話もちらほら耳にはします・・・でも、208番はクリスマスを祝うに本当にふさわしく、明るくてほめうたう感じがしてすごく好きです。大変なのは神父さま。キリエの調と栄光の賛歌の調が違うので、音をとるのが大変かもしれない。

初めてのクリスマス、教会で過ごすクリスマス。とても楽しみです☆
posted by 和泉 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

待降節第3主日

待降節第3主日(C年)です。

第一朗読 ゼファニヤの預言3・14‐17
答唱詩編 イザヤ書12・2、4、5、6
第二朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙4・4‐7
福音朗読 ルカによる福音3・10‐18


続きを読む
posted by 和泉 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

新キリスト教講座(9)

今日は講座の日〜♪(お昼付き☆)
第9回「聖霊の働きとは」です。

今までの内容とだいぶ被るんですが、今日で少し聖霊に親しみを感じるようになりました。思うに、聖霊ってとらえどころなくて分からんという人が多いのでは。ていうか自分がそうだったんですけど。
そういう意味では、難しいのかもしれないです。はい。私も分かったわけじゃなく、親しみを感じるようになっただけだからなぁ…続きを読む
posted by 和泉 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

待降節第2主日

待降節第2主日(C年)です。

第一朗読 バルクの預言5・1−9
答唱詩編 詩編126
第二朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙1・4−6、8−11
福音朗読 ルカによる福音3・1−6続きを読む
posted by 和泉 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

新キリスト教講座(8)

新キリスト教入門講座の第8回。
「聖霊とは?」

…難しい…
まだ、いまいちすとんと落ちてません。ちょっと抽象的に感じてしまうのかも…
皆さん、「体験すればわかるよ」って仰ってくださるけど、無自覚でわからんのです…ぼんやりしてるんです…

ただ、旧約から新約まで聖霊だけに着目して流れを追うっていう試みはおもしろかったです。自分でも追いかけてみようと思わされました。他のいろいろな視点から追いかけるのもおもしろいのかも。

私、のせられやすいのかもしれません(笑)
posted by 和泉 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

待降節第1主日

待降節第1主日(C年)です。

第一朗読 エレミヤの預言33・14−16
答唱詩編 詩編25
第二朗読 使徒パウロのテサロニケの教会への手紙3・12〜4・2
福音朗読 ルカによる福音21・25−28、34−36続きを読む
posted by 和泉 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | いつものミサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

新キリスト教講座(7)

061201_1318~01.jpg今日は講座の日♪
第7回「神の導き」についてです。
導きって端からはわからない、非常に主観的な感覚なので、他者に理解してもらうのは難しいだろうなと思います。クリスチャン側からわざわざ理解させようなんて場面はそう遭遇しないと思いますが、「なぜキリスト教に?」などといった問いをノンクリスチャン側から投げ掛けられたときなどには…と想像してみたり。
…個人的には、とりあえずは「そうなのね」と受け止めていただきたいものです。
続いて休んでた分の第5回も見ました。「聖書を読むには」というテーマです。
そもそも聖書がどういうものかという理解に乏しかったので、勉強になります。先日やっとマイ聖書(続編つき)を購入したのでおいおい読んでいこうと思います。



初・初金。
初めて初金曜日の御ミサに与かりました。ドキドキ…!実は神父さまの音感の良さにすごく驚きました。(失礼な…)毎日捧げてらっしゃるのだから慣れなのかな…
平日にこんなふうに御ミサ与かれるなんて、なんて幸せなんだろうと思います。ホント、毎日でもいい。毎日がいい。これから、初金は来れるかぎり来よう。

††

さて、私がお世話になってる教会は完全にクリスマスモードです。前の御ミサは土曜の主日ミサに行ったので日曜の飾りつけのときおらず、今日初めて飾りつけを目にしました。

焦点がボヤボヤですが、ホール前に飾られているプレゼピオ。素敵〜♪♪扉にはリース、入ってすぐのところには大きなツリー。御聖堂にはロウソク。

キリスト教では待降節からが新年。なんだかこんな飾りつけを見てると、日本人が新年迎えるにあたり掃除をし、門松やらしめ縄やら飾るのと感覚的には似てるんかなぁと思います。…意味はまったく違いますが。

今年は教会に通いはじめて初のクリスマス。イブは普通に予定あり(笑)で、クリスマスが楽しみです。
posted by 和泉 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。